Log In
Register

忠臣蔵鬼倒伝 Full Album Lyrics

Dragon Guardian - 忠臣蔵鬼倒伝 cover art
Band
Album

忠臣蔵鬼倒伝

(2014)
TypeAlbum (Studio full-length)
GenresPower Metal, Symphonic Metal, Folk Metal
Album rating :  65 / 100
Votes :  1
Lyrics > D > Dragon Guardian Lyrics (88) > 忠臣蔵鬼倒伝 Lyrics (8)
Submitted by level 21 록스타 (2018-02-12)
1. 鬼灯 (2:19)
2. いつの日か (4:35)
互いの力を認め
背中を任せて戦う
我が師とともに務めを
果たす日を夢見てた

心燃やし戦いながら
力求め、明日へ向かい己を磨く
憧れを胸に抱いて

いつも胸に思いを秘めながら
我が命をかけこの町を守る
恩師とともに育んだ思い出
重なり合う街並み

いつの日にか、平和を夢見て
迫り来る鬼を退ける使命
この町に暮らす民を守るため
務めを果たしたい

力合わせ戦いながら
平和求め、明日へ向かい互いを磨く
夢をこの胸に抱きしめて

この刃に力を込めながら
我が命をかけこの町を守る
恩師とともに過ごしたあの日々を
思い出せる街並み

いつの日にか、平和を夢見て
迫り来る鬼を退ける使命
この町に暮らす民を守るため
務めを果たす日々

例え我が師との時間に
終わりが来て寂しさ感じても
あの日々この胸に残り続ける

思い出を胸に
3. 天誅 (4:36)
闇より来たる鬼たち
美しき世界闇に染める
我の授かりし運命
果たすためこの力解き放つ

天誅!!悪しきに裁きを
滅殺!!この世を守ると
天誅!!思いを力に
滅殺!!命に代えても
戦うため刀をとる

守りたい町並み
願いを胸に抗う
戦いの最中に
明日を信じて

天誅!!滅びの裁きを
滅殺!!命に代えても
天誅!!我が身を粉にして
滅殺!!国を守るため
我が力解き放つ

この力果てても
友のため戦う
振りかざす刀に
思いを乗せて

天誅!!滅びの裁きを
滅殺!!この世を守ると
天誅!!我が身を粉にして
滅殺!!命に代えても
戦うため刀をとる

守りたい町並み
願いを胸に抗う
振りかざす刀に
思いを乗せ

この力果てても
友のため戦う
戦いの最中に
明日を信じて
4. お団子とお抹茶 (4:25)
久々のオフ 町へと繰り出し
お団子屋へと向かう
毎日の生活で疲れ
今日こそはとことん食べよう
甘いお団子 苦いお抹茶
それでも物足りない
本当に欲しいのは安らぎ
争い無い毎日

この世界は儚くも美しい
綺麗な町並みに心奪われる
町の人はみんなとても優しい
助け合い、手を取り明日へ歩く

こんなに広い宇宙
誰もが幸せと
一日駆け巡り
広大な地平線追いかける
夢の続きみたいに
自由な空へと
雲を抜けその先に現れる太陽

大事な物のために
全力で立ち向かう
挫けそうになっても
涙を拭って立ち上がる
見えない恐怖から
負けない勇気を持ち
闇に潜む陰を
この手で倒す

切ない夜が明け
眩しく光る日差し浴びて
強く想う願い込めて
あの約束の地へ
5. 殿中刃傷 (4:52)
彷徨える鬼の魂よ
現世舞い降り時の
権力者を拠り所として
契約を結ぶ

鬼の王=冥府の鳴門は
死者の世界を統べる鬼たちの王
鬼の存在は伝説と信じられていたが
実在していた

仕組まれた
虚構のこの世界を救うため
裏で繋がれた
糸を斬り裂く

訪れる刹那の瞬き
憑りつく闇の影
剣先に込められし願いは
希望へと変わる

冥府の鳴門と将軍は
代々契約を結び力を保つ
現世に降臨するための寄り代として
吉良を選び宿る

訪れる刹那の瞬き
憑りつく闇の影
剣先に込められし願いは
希望へと変わる
一筋の光に見える
隠されたドラマ
強く強く祈りを捧げた
儚い夜明けに

時が止まり
手に汗握りしめて
鬼へと歩み寄る

叫ぶ声届かずに
奈落へと転げ落ち
絶望への長い道を逆走

訪れる刹那の瞬き
憑りつく闇の影
剣先に込められし願いは
破滅へと変わる
一筋の光に見える
隠されたドラマ
強く強く祈りを捧げた
儚い夜明けに
6. 永遠の願い (5:02)
思い出すあの日々
国を守ることの意味を
友といつも考えてた

我が使命を託す
晴れの時も、雨の時も
語り合った真の友に

この国のため
明日のため
我が友のため
命を捧ぐ

時の流れの中
永遠の平和祈る
散りゆく命と引き換えに
明日に込めた願い
叶えるため
我が友に形見託す

たとえ身体滅んでも
我らの思い
現世を守る

風に吹かれて散る
花を惜しく思う
儚き我が命重ねて
友に託す形見
握りしめて
この命の意味を知る

託されたかんざしを握りしめて
この心奮わせる
7. 宴 (1:44)
8. 赤穂浪士 (4:10)
託された願い
叶えることこそ
我らの使命と
心を奮わす

主に託された
形見を握りしめて
光る星に願う
永遠に続く平和を

心通わす我らが同志よ
さぁ掲げよ刃を
人に在らざる鬼を討つために
今、討ち入るあの場所へ

我に託された
願いを胸に抱き
心奮い立たせ
友と扉を開く

共に願った我らの思いを
さぁ届けろ刃を
人に在らざる鬼を討つために
今、戦うこの場所で

主に託された
願いを胸に抱き
心奮い立たせ
鬼に刃を向ける

心通わす我らが同志よ
さぁ掲げよ刃を
人に在らざる鬼を討つために
今、戦うこの場所
9. 決戦、討ち入り (9:36)
地獄への道
破滅の世界
雲行き怪しく
闇へと包まれる
試練への道
平和のため
悲願果たすため全てを捧げる

夢の果てに見た
絶望の未来
闇を引き裂いて
希望へと変わる

取り憑かれた
鬼の魂断ち斬るためにこの手で戦う
見えない敵にも勇敢に立ち向かう
運命に身を任せ

淀んだ世界
茨の道へ
終わりなき旅を
終わらせるために
最後の死闘
今宵始まる
目の前に現れる冥府の王

取り憑かれた
鬼の魂断ち斬るためにこの手で戦う
見えない敵にも勇敢に立ち向かう
運命に身を任せ
地に舞い降りる 鬼の王の姿に
恐怖抱き震える
この仲間と共に
力を合わせて姫救い助ける

長きに渡る戦いは幕を閉じ
この世界に平穏が訪れる
静まり返る町は
徐々に賑やかに
不思議な力
胸に宿り続ける

夢の果てに見た
絶望の未来
闇を引き裂いて
希望へと変わる

取り憑かれた
鬼の魂断ち斬るためにこの手で戦う
見えない敵にも勇敢に立ち向かう
運命に身を任せ
悲願の勝利
全ての力尽くし
愛する人の元へと
眩しい朝陽が空へと昇る時
みんな笑顔になる
10. Kanzashi (4:17)
長い夜、明け
賑わう町の声響く
悪しき伝統は断たれ
新たな時代へと

闇に染まる江戸の町
鬼に支配され
枯れ果てゆく世界
そこに現れた少女

明けの空に広がる
眩き明日への光
過去への扉閉め
前へ突き進む

鬼の王との
果てない契約が途切れ
病に倒れ天へと
安らかに羽ばたく

事件の後、故郷へと
蔵良と旅立つ
姫がお気に入りの
庭眺めて想い出す

簪取り
あの頃を振り返る
そっと土に刺し
目を閉じる

崩れゆくこの世界
欲に溺れ傷つけあう
戦いのない地を
目指し駆け抜ける
Info / Statistics
Artists : 34,224
Reviews : 7,815
Albums : 121,781
Lyrics : 149,285