Log In
Register

羅生門 Full Album Lyrics

人間椅子 - 羅生門 cover art
Band
Album

羅生門

(1993)
TypeAlbum (Studio full-length)
GenresHard Rock, Heavy Metal, Doom Metal
Album rating :  90 / 100
Votes :  1
Lyrics > etc. > 人間椅子 Lyrics (207) > 羅生門 Lyrics (9)
Submitted by level 21 록스타 (2017-10-01)
1. もっと光を! (3:49)
なぜ 俺は生まれてきたのか 
なぜ 俺に言葉があるのか 
なぜ 俺を呼ぶ声は聞こえ 
なぜ 俺はひとりだけなのか 
なぜ 太陽はギラギラ燃え 
なぜ 月は不安に満ちてる 
なぜ 心はこんなに脆い

現在に生きることの もっと力を! 
存在を照らすことの もっと光を!

白 それは天使の道草 
黒 それは神々の飲物 
赤 それは革命の太鼓 
青 それは悪魔の囁 
黄色 狂人は欠伸をして 
銀 鳥は屍ついば 
緑 不協和音のデッサン 
金 預言者たちが目醒める

現在に生きることの もっと力を! 
存在を照らすことの もっと光を!

愛 それは出口ない迷路 
嘘 仮面を被り彷徨う 
罪 すれ違う人いきれに 
罰 涙も枯れてしまった 

なぜ 俺は生まれてきたのか 
なぜ 俺に言葉はあるのか 
なぜ 俺を呼ぶ声は聞こえ 
なぜ 俺はひとりだけなのか

現在に生きることの もっと力を! 
存在を照らすことの もっと光を!

なぜ
なぜ
なぜ
なぜ! 
2. 人間椅子倶楽部 (4:26)
人の命ははかなくて 
渡る世間もはかいかぬ 
とある厭世主義者の曰く 
夜の夢こそまこと 
人間椅子倶楽部 
人間椅子倶楽部

人の間が人間で 
愛だ恋だのうそ寒い 
冪算された負と負から 
さかしまの灯が見える 
人間椅子倶楽部 
人間椅子倶楽部

奥様 奥様の方では少しもご存知のない男から 
このような不躾なお願いを申し上げます罪をお許し下さいませ 
奥様は例えばある暖かい曇よりとした日の午後 
無性にこの世に味気なさを覚えてしまうことがありますまいか 
奥様 そのような時には是非とも 
奥様の腰掛けている当倶楽部の会員にそっと 「入会希望」 とお申し付け下さいませ

人の道などナンマイダ 
快楽三昧テンパイだ 
異端審問のスペイン人 
今じゃ拷問マニア
人間椅子倶楽部 
人間椅子倶楽部
3. なまけ者の人生 (5:03)
無頼と書いた布団で見るのは 
いつかはばたく夢 
髭の大家にオナラで挨拶 
あいすみません

朝には歌 
夜には恋 
なまけ者の 
人生ドンマイ 

空には虹 
俺には夢 
なまけ者の 
人生バンザイ

借りものの靴 
古びたステッキ 
下ろしたてのズボン 
雨に降られて女に振られて 
ハハ呑気だね

朝には歌 
夜には恋 
なまけ者の 
人生ドンマイ 

空には虹 
俺には夢 
なまけ者の 
人生バンザイ
4. 埋葬蟲の唄 (5:43)
丑三つ時の枕元から 
白い壁抜け行進は来る 
聞けよサクサク蟲たちが 
闇に手を擦り足を擦り 

埋葬蟲の唄 
聞こえてくるよ

憂鬱は毛穴にて溶け出し 
死神どもの栄養となる 
見ろよペロペロ蟲たちは 
俺の手を舐め足を舐め 

埋葬蟲の唄 
聞こえてくるよ

埋葬蟲は人の首取るとか 
壁の中懐かしい景色へと……
5. 青森ロック大臣 (3:02)
朝のニュースで報じる日本の首都青森 
野良着姿のお父ちゃんが大統領 
すわと廻した電話のいうことには 
おめもこれからロックの大臣だべ 

青森 青森 青森 青森 青森 青森 青森 青森

企業誘致は原子力で青森 
ビルは建てたし銀座も造ったけど 
よされ踊りでお母ちゃんのいうことには 
これだば下北死の来た半島だじゃ 

青森 青森 青森 青森 青森 青森 青森 青森

恐山ではカンカンノー青森
津軽名物黒い雨だ青森 
傘もあります鉛のやつ青森 
政治不信もロックでGO!青森
6. ナニャドヤラ (2:52)
ナニャドヤラ ナニャド ナサレデ
ナニャドヤラ ナニャド ナサレデ

ナニャドヤラ ナニャド ナサレデ
ナニャドヤラ ナニャド ナサレデ
7. ブラウン管の花嫁 (5:43)
ℓ×m二次元の舞台名もない女優は
都会の虚空300Ωのお輿に揺られて
時計が止まりそうな六月の
涙がこぼれそうな六月の
花嫁

午前三時の画面に一輪白百合生けよう
花の言葉は純潔あなたは儚すぎるから
どこにも逃げないで僕だけの
そこからいかないで僕だけの
花嫁

まぶたの奥で微笑んだ
三原色の残像
そのまま冷たいくちづけ……

巻戻しした走査線の海あなたは泳いで
取り戻せない暦をめくって僕は眠るのさ
テレビの箱の中の花嫁に
ガラスの国の中の花嫁に
幸あれ
8. 憧れのアリラン (3:56)
異国の地で操を捧げ 
ただ恨めどやる方もなし 
無念の涙さえも堪え 
憧れのアリラン歌う

忍ぶ夜を過ごした相手も 
明日は海の藻くずと消える 
仇敵の目も憐れに映り 
悲しみのアリラン歌う

薄れてゆく意識の中で 
聞こえてきたあの男の声 
二人でともに口ずさんだ 
懐かしのアリランの歌
9. 羅生門 (7:03)
朱雀大路の地平に 
諸行無常の陽は落ち 
はるか艮の母よ 
明日我は旅立ちぬ

この国は誰も鬼の貌 
それから 
吹く風も胸を通り抜ける 
ここは 
羅生門

あれは鳥辺山の僧 
阿弥陀願い我が身焼く

幸せは奪い掴むものか 
それとも 
ゆく河に身を任すことか 
ここは 
羅生門

通りゃんせ通りゃんせ あの世とこの世の六道の 
通りゃんせ通りゃんせ 帰りは難儀な辻なれど

東の方 青竜昇りて上弦の月なる
西の方 白虎の漲る血潮を飲み干さん
南の方 朱雀の囀り音にも聞け我を
北の方 玄武に跨り暁へ駆けゆく
Info / Statistics
Artists : 34,199
Reviews : 7,809
Albums : 121,651
Lyrics : 149,236