ID
PW
Login  Register  Help
My album reviews/comments My collection My wish list
陰陽座 (Onmyouza) - 金剛九尾 cover art
Band
Albumpreview 

金剛九尾

(2009)
TypeStudio Full-length
GenresHeavy Metal
LabelsKing Records
Album rating :  86 / 100
Votes :  1
Lyrics > etc. > 陰陽座 (Onmyouza) Lyrics (108) >

金剛九尾 Lyrics

(12)
Submitted by level
1. 貘
鬼の哭(な)く音(ね)が 繚亂(りょうらん)と舞い
煌(きら)めく 剎那(せつな)
鳳凰(とり)が羽搏(はばた)く
夢幻(むげん)の裡(うち)に
點睛(てんせい)を遂(と)げ
魔天(まてん)の主(ぬし)が 物の怪(け)と成る

流例(るれい)の廉(かど)は 不退(ふたい)
無點(むてん)の春は 操(みさお)
溟海(めいかい)の果て遙
跡絕(とだ)える由無(よしな)く
步(あゆ)ぶ 軈(やが)て
其處(そこ)に生(お)い立つ
刻(とき)の 愛(かな)しさに
此の眥(まなさき)開いて 往(ゆ)く丈
岨(そわ)の 花笑(はなえ)みに
此の羅袖(らしゅう)が
染まりて 笑く哉(かな)
底滓(そこり)は 目ら向けず 除(のぞ)き

祝詞(のりと)は 苦し甘露(かんろ)に 似て
凶夢(まがゆめ) 斑(むら)し 貘(ばく)が 餌(え)ばみ
幻 瞬(またた)く 剎那(せつな)に 鏘鏘(そうそう)
鳳凰(とり)は飛び立つ刻の愛しさに 此の眥(まなさき)
開いて 往(ゆ)く丈(たけ)
岨(それ)の 花笑(はなえ)みに
此の和酬(わしゅう)で 應え續けよう

疾(と)く 醒めて 見上げれば
抉(くじ)られたら 天(そら)
賓(まれうど)の 土產も 解かざる儘(まま)で
滿開の葉花が
絕界(ぜっかい)を照らすとき 光が 溢れる
刻(とき)の 愛(かな)しさに 此(こ)の眥(まなさき)
開いて 往(ゆ)く丈(たけ)
岨(そね)の 花笑(はなえ)みに
此(こ)の羅袖(らしゅう)が 染まりて 笑く哉(かな)
鳳凰(とり)よ 青龍(せいりゅう)よ
其の翼は 辭(いな)びて
步もう 路(みち)の あらましを
此の聲で 歌い伝えよう

Romanji:
Oni no naku ne ga ryuoran to mai
kirameku setsuna
tori ga habataku
mugen no uchi ni
ten sei wo toge
maten no nushi ga mononoke ke to naru

Rurei no kado wa futai
muten no haru wa misao
meikai no hate haruka
todaeru yoshina ku
ayu bu yagate
soko ni oi tatsu
toki no kanashi sa ni
ko no ma na saki hiraite yuku take
sowa no hanae mi ni
ko no rashuu ga
somarite saku ka na
sokori wa mera mukezu nozoki

norito wa mirashu kan ro ni nite
ma ga yume murashi baku ga eba mi
maborushi matata ku setsuna ni sousou
tori wa tobitatsu koki no kanashi sa ni ko ma na saki
hiraite yuku take
sowa no hana emi ni
ko no washuu de kotaetsu tsu keyou

toku samete mia gereba
kujira retaru sora
mareudo no do miage mo tokazaru mama de
makai no haba na ga
zekkai wo terasu toki hikari ga afureru
toki no kana shisani ko no ma na saki
hiraite yuku take
sowa no hana emi ni
konorashuu ga somarite saku kana
tori yo sei ryuu yo
sono tsubasa wa ina bite
ayu mou michi no aramashi o
ko no kowa de utai tsutaeyou
2. 蒼き独眼
戲(ざ)れに 縺(もつ)れし 糸に
箍(たが) 抄(すく)い 取られ
疾(と)うに 無くした 神の綱
只 己を 懸けて
抗(あらが)うは 穢(けが)れ無き 守(かみ)の
真名(まな) 遺(のこす)す為
誓いの 緣(えにし)で 遂(と)ぐ

降(くだ)るを 悔(く)ゆる 惑い
其(そ)は 武人の 性(さが)
理(ことわり)も無き 為置(しおき)なら
もう 情(こころ)は 要らぬ
抗(あらが)うは 細(さざれ)なる
波の 未(ま)だ 果てぬ為
終焉(おわり)を 背にして 立つ

差し零(あや)す 蹤血(はかり)の
鮮(あざ)やぐ 紅(くれない)
哉(かな) 運命(さだめ)の 証(あかし)
何も彼(か)もが 吞まれゆく
望(のぞ)まざる 紮(から)げりに
只(ただ)術(すべ)も無く
覆(おお)うは 大牙(たいが)の 闇
叫びも 掠(かす)れど曇り無き
此の 蒼き 眼差しを 今 月に代(か)え
崎嶇(きく)など 斬り捨て 憚(はばか)る

Romanji:
Zare ni motsureshi ito ni
taga sukui tora re
touni nakushita kami no tsuna
tada onore wo kakete
aragau wa kegarenaki ka mino
mana nokosu su tame
chikai no e nishi de togu

Kudaru wo ku yuru madoi
so wa bujin no saga
kotowari mo naki shi okinara
mo kokoro wa iranu
aragau wa sazare naru
nami no mada hatenu tame
wo wari wo se ni shite tatsu

sashi a yasu hakari no
a zayagu kurenai
kana sadame no akashi
nanimokamo ga ko mare yuku
nozomazaru karageri ni
tada sube mo naku
oou wa tai ga no yami
sakebi mo kasuredo kumorinaki
kono no aoki manashi o ima tsuki ni kae
kiku nado kiri sute habakaru.
3. 十六夜の雨
もう 視界(しかい)が歪む
指は震える 骨が 軋(きし)み上げる
乾涸(ひから)ぶ 此の身よ
いっそ 朽ちよと 願うも 連れ無し
否(いな)や 此(こ)れ以上
出來るなら 獨り暮れたい
なれど 亦(また) 二人
唇は 朱(あけ)に染まりて
雨に 打たれる 為に
漫(そぞ)ろに行くを 見遣(みや)るは 夜の 雲や
刻んだ 咬(か)み痕(あと)
細(ほそ)る好(よ)き人 迚(とて)も
見て居られぬ 乾涸(ひから)ぶ 其の身の
愛おしきこと 首筋を 摩(さす)る
否(いな)や 此(こ)れ以上
出來るなら 濡れて觸れたい
なれど 紛(まが)うなり 唇は 何故に染まるや
雨に 打たれる 為に
漫(そぞ)ろに行くを 見遣(みや)るは 夜の 雲や
雨に 濡れ戲(そぼ)らせて
後生(ごしょう)や 遂(お)って來やるな
微溫(ぬる)い 夜に いざよう

否や 此れ以上 出來るなら 獨り暮れたい
なれど 亦(また) 二人 唇は 朱(あけ)に染まりて
雨に 打たれる 為に
漫(そぞ)ろに行くを 見遣(みや)るは 夜の 雲や
雨に 濡(ぬ)れ戲(そぼ)らせて
後生(ごしょう)や 遂(お)って來やるな
雨に 喚(おめ)く 十六夜(いざよい)

Romanji:
Mou shi kai ga igamu
yubi wa furueru hone ga kishimi ageru
hikara bu ko no mi yo
isso kuchiyo to negau mo tsure nashi
inoya kore ijou
de ki runara hito ri kuretai
naredo mata uta nin
kuchibiru wa ake ni somarite
ame ni uta reru tame ni
sozoro ni iku o miyaru wa yoru no kumoya
kizanda ka mi ato
hosoru yoki hito totemo
mite i rarenu hikara bu sono mi no
ito oshiki koto kubisoji o sasuru
inoya kore ijou
de ki rurana nurete kuretai
naredo magaunari kuchibiru wa naze ni somaruya
ame ni uta reru tame ni
sozoro ni iku wo miyaru wa oru no kumoya
ame ni nure so bora sete
goshouya otte ki yaru na
nurui yoru iza you

Ina ya kore ijou de ki runara kito kuretai
naredo mata futa nin kuchibiru wa ake ni somarite
ame ni uta reru tame ni
sozoro ni iku o miyaru wa oru no kumoya
ame ni nure so bora sete
goshouya otte ki yaru na
ame ni wo meku izayoi
4. 小袖の手
闇も見えぬ 無明(むみょう)の 淵(ふち)から
添(そ)うこともなく 散りぬる 此の身 嘆(なげ)く
忘れられた 形見(かたみ)の 衣手(ころもで)
まほろばへと 戰慄(わなな)く 手房(たぶさ) 伸ばす
眼を 凝(こ)らすには 時間が 無い故(から)
思い出して綻(はころ)ぶ 前に

貴方を 待っている
矯(た)めし瞳 眇(すが)めつ 顰(ひそ)みて
然(そ)う 音も無く
非太刀(ひだち)を 袈裟(けさ)に 降ろす
鮮血(せんけつ)まで 愛して
月の光に 騙された儘(まま)で
噫(ああ) 「許せよ」と
玄(つぶや)く 聲(こえ)が 離(さか)る
哭(ね)を 絕やすのは
終焉(おわり)が 無い故(から)
さあ 連れ出して 衣桁(いこう)の 涅(くり)を
貴方を 待っている 貴方を 呼んでいる

ほら 差し伸べて 其の手を
良らし心で 手向(たむ)けて
襟に 這(は)わせた 此の 手で
そっと 輪を描いて

貴方を 待っている 貴方を 呼んでいる
闇も見えぬ 無明(むみょう)の 淵から
添(そ)うこともなく 散りぬる 此の身 嘆く
忘れられた 形見の 衣手(ころもて)
貴方だけを 此の手で 探して

Romanji:
Yami mo mienu mumyouno fuchi kara
sou koto monaku chiri nuru ko no mi nageku
wasure rareta ka tami no koro mode
mahorobaheto wananaku tabusa nobasu
me wo korasu ni wa jikan ga naikara
omoidashite wa korobu mae ni

Anata wo matte iru
tameshi hitomi sugametsu hisomi te
sou oto mo naku
hida chi o kesa ni orosu
sen ketsu made aishite
tsuki no hikari ni damasa reta mama de
aa ‘yuruseyo’ to
tsubuyaku koe ga sa karu
ne wo ta yasuno wa
wo wari ga naikara
sa tsuredashite ikou no kuri wo
anata wo matte iru anata wo yonde iru

Hora sashinobete sono te wo
yorashi kokoro de tamukete
eri ni hawa seta ko no te de
sotto wa wo egaite

Anata wo matte iru anata wo yonde iru
yami mo mienu mumyouno fuchi kara
sou koto monaku chiri nuru ko no mi nageku
wasure rareta ka tami no koro mode
anata dake wo ko no te de sagashite
5. 孔雀忍法帖
何處(どこ)かで 山風の唄 響く
其(そ)れでは 果たせまいよと 嗤(わら)う
茸(くさびら) 蹴散(けち)らかすは 子(ね)の刻(こく)
己の 漏剋(ろうこく)は現在(いま) 止(さ)した儘(まま)
實(げ)に 嘔吐(えず)かせるのは 末生(うらな)りの
下司(げす)が 裡で謀(はか)りし 逆命(ぎゃくめい)
戀い 狂おしいほど 愛しき男(ひと)を
然樣(そう)とは知らず 手に掛けて

此處(ここ)まで 嬌態(きょうたい)の聲 屆く
今宵は 逃がすまいぞと 嗤(わら)う
花片(はなびら)舞い散るは 丑の刻
汝(なんじ)の 鏤骨(ろうこつ)は今 無馱と化(か)す
實(げ)に 悔やみ切れぬは 言い成りの 己(おの)が
畏(かしこ)み受けし 幕命(ばくめい)
戀心 狂おしいほど 愛しき男を
此の手で 取るは 生き地極
(誅(ちゅう))何も見えぬ 何も言わぬ
何も聞かぬ 此(こ)の 刃(やいば)を 甘んぜよ 踴れ
彼(か)の如(ごと)く

實(げ)に 嘔吐(えず)かせるのは
末生(うらな)りの
下司(げす)が 裡で謀(はか)りし 逆命(ぎゃくめい)
戀い 狂おしいほど 愛しき男を
屠(ほふ)らせしめた 贖(あがな)いを
(誅(ちゅう))何も見えぬ 何も言わぬ 何も聞かぬ
此の 淚は 契(ちぎ)りの 叢雨(むらさめ)
(誅(ちゅう))何も見えぬ 何も言わぬ 何も聞かぬ
其の 命で 報(むく)わせよ いざや 誅(ちゅう)せん
6. 挽歌
行き過ぐ 亡き身の 群を
帷(とばり)が 漆黑(くろ)に 染める
暮れるも 在りし世は 掃りはせぬと

譬(たと)えば 宣(の)らさるるとて
齡(よわい)は 誰も 知らず
明日にも 散り逝く 我が身と 念(も)う

留まれど 過ごせど 重なるが 隨(まま)
辿りし 道形(みちなり)
遺るものが 在るならば 悔い乍(なが)ら
弔(とぶら)う 迄(まで)

嗚呼 過日(かじつ)は 孔(あな)の海
然為(さす)れども 積もりて
餞(せん)に 代(か)わる

萌(も)ゆれど 枯(か)れれど
重なるが 隨(まま)
辿りし 道形(みちなり)
遺るものが 在るならば 笑み乍(なが)ら
花を 手向(たむ)ける
7. 相剋
流轉(るてん)の 果てにて 陵(おか)されたのは
禁忌(きんき)の 蜜月()みつげつ
夫妻(おとめ)の 埋草(うめくさ) 二刀(にとう)の 蔭間(かげま)
殖(うま)ふは 末裔(すえ)の 殃禍(おうか)

「恨(うら)むことで 何を果たせるの」
惑(まど)う 聲(こえ)は 只(ただ) 遠(とお)く
良き こと 聞く
其の 願い 半(なか)ばで
頸(くび)よ 踴(おど)れ

下天(てん)の 流刑地(るけいち) 埋(うず)もれたのは
懺悔(ざんげ)の 沐浴(もくよく)
處女(おとめ)の 落胤(らくいん) 償(まど)いの 鬼子(おにご)
珠艷(しゅえん)に 生(お)い立(た)つ

「奪(うば)うことで 何を得られるの」
逆(さか)ふ 聲(こえ)は 只(ただ) 響(ひび)く
斧(よき) 琴(こと) 菊(きく)
此(こ)の 手に 還(かぇ)るまで
縊(くび)り 嗤(わら)う

「恨(うら)むことで 何を果たせるの」
惑(まど)う 聲(こえ)は 未(ま)だ 遠(とお)く
憂(う)き こと 聞け
此(こ)の 黑い 咒(かしり)よ
冥府(やみ)に 沈(しず)め
8. 慟哭
せめて あと一度(ひとたび)
最期(さいご)に 顏を見せて
別離(わかれ)を 告(つ)げる 台詞(ことば)は
彼岸(ひがん)に 捨(す)て逝(ゆ)く

責(せ)めて 狂愚(きょうぐ)の沙汰(さた)
歪(ゆが)んだ 愛(あい)の骸(むくろ)
我(わ)が身(み)は 罪(つみ)の 疊(たた)まり
淚(なみだ)は 噓(うそ)になる

雪よ 白く 深く
他人(あだびと)を皆(みな) 染(そ)めて
真黑(まくろ)に 爛(ただ)れるは
此(こ)の 手底(たなそこ) だけ

もう 污(よご)さなくていいの
貴方(あなた)の手には 取る可(べ)きものが 有るはず
もう 背負(せお)わなくていいの
渾(すべ)て 預(あず)けて
奈落(ならく)への 道連(みちづ)れに

嗚呼(ああ) 虛空(そら)が 酷(ひど)く
蒼黑(あおぐろ)く見える
醜(みにく)き 此(こ)の身(み) 引き裂きたい

決して 私を 許さなくていいの
寧(むし)ろ 憎(にく)んで 生まれたことも 忘れて
もう 放さなくていいの
繫(つな)いで 其(そ)の手 松蘿(しょうら)の契(ちぎ)りに
只(ただ) せめてもの 罪(つみ)ほろぼし
9. 組曲「九尾」~玉藻前
ねえ 童賺(わらべすか)しは 仕舞にして
さあ 傍(そば)に 座(わ)して
あな 徘徊(たもとお)る如(こと) 濁らせても
夜は 徒(ただ) 深ける丈(だけ)

弧の軀(み)は 御身(おんみ)のものぞ
艷場(つやば)と 寢腐(ねくた)り 搖られて 眠る
見詰(みつ)めるより 抱いて
震える迄 太刀風(たちかぜ)より 強く 崩れる迄
囁(ささや)くより 枕(ま)いて 燃え切る迄
寢る魂より 甘く 醉(え)い癡(し)る迄
ねえ 其れで少しは 男(おとこ)せらば
さあ 振りを 見せて
あな 裲襠(うちかけ)の褄(つま) 引き張るとは
如何(いか)に 不得手(ふえて)に非(あら)ず

夜の羽根が はらり 落ちて
火照(ほて)る 芋蟲(むし)が ふわり 浮かぶ
密(ひそ)めき 色に 燒かれて 墮ちる
見詰めるより 抱いて 震える迄
太刀風(たちかぜ)より 強く 崩れる迄
囁(ささや)くより 枕(ま)いて 燃え切る迄
寢る魂より 甘く 醉(え)い癡(し)る迄
嗚呼 痺(しび)れる 爪先 投(な)ぎ
打場(うちあ)げし 肩を 撫でる
濡れ通る 褥(しとね) 泳ぎ
寄せ返す 濤(なみ)に
漕(こ)ぎて 扱(こ)ぎて 絕え果てる迄

見詰めるより 抱いて 震える迄
太刀(たちかぜ)風より 強く 崩れる迄
囁(ささや)くより枕(ま)いて 燃え切る迄
寢(ぬ)る魂(たま)より 甘く 醉(え)い癡(し)る迄
惚(ほ)げり 立ち居るより 抱いて
震える迄 舞風(まいかぜ)より 強く 崩れる迄
接吻(くちづけ)より 嚙んで 千切(ちぎ)れる迄
鳥羽玉(ぬばたま)より 黑く 污(けが)れる迄 融け合う
10. 組曲「九尾」~照魔鏡
漂う膿(うみ)心 濁(にご)して
幾度目(いくどめ)かの 伽(とぎ)苛(いら)ちて
障(さや)りし旨(むね)問い合わせど
すげない素振り 桃花染(あらぞめ)に
臍(ほぞ)を噬(か)む
容貌(かたち)視らば
打ち遣(や)る 此の疑冰(ぎひょう)打ち遣(や)

簓(ささら)の態(ざま) 肚裡(とり) 括(くく)りて
もう御座なりの
伽(とぎ)遣(や)り付け 曝(さら)ける胸
拋(ほ)り出(いだ)せば
貪(ぬさぼ)る頭(かぶり)何ぞ 笑みが
零(こぼ)れる
體軀(からだ)に癡(し)らば
吹き飛ぶ 此の紕(まよい)
遊(すさ)ぶも 對(つい)の 契(ちぎ)りと
努々(ゆめゆめ) 此の旨味(しみ)忘れさせぬと

尾(お)ろぞ 見ゆる九尾(ここのお)ろが
鱗落(いろこお)つる牝狐(めぎつね)の化生(けしょう)
嗚呼 然(さ)こそ 優女(やさめ)持てり 情の 証(しるし)
嗚呼 元へ 商の 女(め)ら 飾ろう 裝具(そうぐ)
有(あ)られ無き仰(おお)せ いと惜(お)しけしや
徒然に 添うた 蜜を 喪(うしな)いて
謂(いわ)れ無き 仰(おお)せ 愛おしき日は
微睡(まどろみ)と 知って 崩れ 消え惑(まど)う

鏡を視(み)らば 巧(たく)みの 臍落(ほぞお)ちぬ
荒(すさ)ぶも終(つい)の契(ちぎ)りと
おめおめ 傾國(けいこく)
忘れられじ 拔かるも 不意(ふい)の 限りと
夢夢(ゆめゆめ)飽いたと
忘れて仕舞(しま)え

泡沫(あわ)と潰(つい)えし 此の上の
沙汰(さた)なぞ 興(おこ)り無し
憖(なま)じ 智惠(ちえ)など 振るいたる
汝(うぬ)が 業(わざ)を 咒え叢立(むらだ)ちの
蟻(あり)に隱(かく)る傍痛(かたわらいた)し 下(さ)げ
寂滅(じゃくめつ)の 風(なぎ)に ぽつり
疼(うず)く軀(からだ) 浸(ひた)せ

居るも 詮無(せんな)き 此(こ)の宮(みや)の
上に殘せし 翳(かげ) 喻(たとい) 去れども 揮(ふ)るいたる
波紋(はもん) 灼(あらたか)に 怖(お)じよ
おお 歪む 軀(からだ)固(かた)む
矢竦(やずく)みの 背を 綰(わが)ぬ
おお 裂ける 貌(かお)を 刳(えぐ)る
藻女(みずくめ)の 胞衣(えな)は 要らぬ
11. 組曲「九尾」~殺生石
隙孔(げっこう)群(む)らす 怪(かい)
悉皆(しっかい)痛(や)める骰子(さい)
斷罪(だんざい)遁(のが)る 舞
赦(ゆる)さじ 斷斷然(だんだんぜん)
殘骸(ざんがい)の 山に 縋(すが)り
幾千夜(いくちよ)に 歎(なげ)く 賢(さか)しらなり
有財和尚(うんざいかしょう)

金槌(げんのう) 打(ぶ)って 破壞(はえ)
靜まり 鎮む 蓋(がい)墮落の 妲己(だっき) 乃(だい)
緩(ゆる)めじ 斷斷然(だんだんぜん)
今在(こんさい)の沙汰(さた)に 見たり
人間(じんかん)の 意力
倒(さかしま)なり我が負(ま)くとは
(卵(らん)激(げき)蒜(さん)) 名を 借りて
(卵(らん)激(げき)蒜(さん)) 為(な)す 蠹毒(どく)
(卵(らん)激(げき)蒜(さん)) 訛偽(かぎ) 播(ま)いて
(卵(らん)激(げき)蒜(さん)) 撓垂(しなだ)れる
傾城(けいせい) 入魂(じゅっこん)の悔(く)い

其所(そこ)な 益荒男(ますらお)や どうか
放して 賜(たも)れ
斯(か)かる 手弱女(たおやめ)に 酷な
仕打(しう)ちと見らば

(卵(らん)激(げき)蒜(さん)) 猶(ない) 在りて
(卵(らん)激(げき)蒜(さん)) 為(な)す 荼毒(とどく)
(卵(らん)激(げき)蒜(さん)) やれ 軈(やが)て
(卵(らん)激(げき)蒜(さん)) 項垂(うなだ)れる
警醒(けいせい) 信念の 凱(がい)
12. 喰らいあう
宣誓(せんせい) 魂だけは なんぼじも飧えらい
一體 それみな ぺろりと 平らげらい
連れ立ち いざや 我慢 出來ない
飧らいあう 飧らいあう 心 躍る
飧らいあう 飧らいあう 故に 魂を 飧らいあう

先生 お腹空いたけん よう動かない
ほやけど 頭垂(こうべた)れるがは
尚早(はや)すぎらい
舌打(したう)て いざや 我慢 出來ない
飧らいあう 飧らいあう 心 躍る
飧らいあう 飧らいあう 故に魂を
飧らいあう 飧らいあう 軀(からだ) 燃える
飧らいあう 飧らいあう
更に 魂(たましい)を 飧らいあう

心が 滿ちゆく 渾(すべ)てが
朧(おぼろ)だとしても
力が 迸(たば)しる 心念(おもい)は
止められないし 止める氣もない

飧らいあう 飧らいあう 心 躍る
飧らいあう 飧らいあう 故に 魂を
飧らいあう 飧らいあう 軀(からだ) 燃える
飧らいあう 飧らいあう
永久(とわ)に 魂を 飧らいあう
魂を 飧らいあう 飧らいあう ...
Info / Statistics
Bands : 28,300
Albums : 101,891
Reviews : 6,574
Lyrics : 94,507
Top Rating
 Napalm Death
Time Waits for No Slave
 rating : 83.1  votes : 11
 Sadhu
The Trend of Public Opinion
 rating : 86.2  votes : 16
 Slayer
World Painted Blood
 rating : 83.5  votes : 36