Log In
Register   Help
My album reviews/commentsMy collectionMy wish list
Dir En Grey - Gauze cover art
Band
Albumpreview 

Gauze

(1999)
TypeStudio Full-length
GenresVisual Kei, Alternative Rock
LabelsFree-Will
Album rating :  86.7 / 100
Votes :  3
Lyrics > D > Dir En Grey Lyrics (73) >

Gauze Lyrics

(11)
Submitted by level 모흐
1. Gauze (Mode of Adam) (2:07)
2. Schwein の椅子 (3:31)
Geist Seele Wille Zelle

吐き乱れて 壁に飾ろう 罠に掛けて 毒牙の中で踠いて
痛みを知れ 吐き気を知れ 快楽アレルギー

スピード上げてく 君は見せもの
再生不能な -DNA-
僕との交尾で生まれた子供
あまりにも不完全 eins zwei drei vier

血に乱れて ヘルデランスの毒を持って悍しい声聴かせて
痛みを知れ 吐き気を知れ 快楽アレルギー

スピード上げてく 君は見せもの
再生不能な -DNA-
ヒクヒク求める 血が欲しいかい
僕が与えよう eins zwei drei vier
3. ゆらめき (5:05)
帰れなくて
忘れたくて「ゆらめく」ことのない愛を君に

あの日君の瞳から僕は消えていた。
もう今さら僕に何が出来るのか
泣き崩れる君を見つめ
いつもより強く抱きしめたね。
でも君は変わらない
君の愛はもうないの
今になって気付くなんて 。。。
君を本当にバカだよ僕

これで終わりにしようか?
君のことを想うと何故か涙が流れてた。
君を傷つけるなんて二度とない。
だから今までのよういつも君を抱きしめたい。

愛を裏切り過ぎたね僕は 。。。
「も三年前には戻れないの今は 。。。」
何故二人は出逢ったの君に何を残せたの?

何故二人は出逢えたらそれまで待ち続けるよ。
帰れなくて忘れたくて
今まで以上にもう一度
想い出さえ忘れたくて愛した心が痛くて
永遠に今まで以上にない愛を
永遠に二人の愛は戻らない。
愛より遥かに重い裏切りの中で
君は「ゆらめく」こともなく 。。。
4. Raison detre (4:48)
愛しすぎていたね あの頃の僕はいつでもそう
でももう見飽きたよ 腕に別の人がいるね

すぐに愛せなくなり 憎しみが込み上げるよ
叩き壊したくなる 僕の我がままも好きかい

言葉よりももっと求めていた
体だけを求めていたよ

鏡の前でただ1人演じきった道化師が
そっと僕の前に寄り言うのさ
君を苦しめるのは僕かそれとも彼女か
1人の僕が囁くのさ

気付く頃には傷つけていた
解り合えない僕がいるよ

鏡の前でただ1人演じきった道化師が
そっと僕の前に寄り言うのさ
君を苦しめるのは僕かそれとも彼女か
1人の僕が囁くのさ

最後はこんな形なんて 気が遠くなるほどに痛くて
目の前で君が笑い叫ぶ 赤いカミソリ見つめながら
5. 304 号室、白死の桜 (5:18)
窓からいつもと変わらず 桜が風に
ゆらり ゆらり ゆらり ゆらりと舞う

意識が今日も薄れゆく
君は誰? 何も想い出せない
僕の手を取り力強く
握ってる手に涙が零れ落ちたよ

止めどなく流れ出す瞳は何かを語っていた
君の香り何故か懐かしいような…
この部屋できっと僕は一人で命無くすのだろう
誰も見つけることの出来ない花を…

散り急ぐ花風に揺られて 白い病室風に吹かれて

痛みが日々を重ねる度
痩せゆく醜い体 抱き締めたね

最期になって一つ大切な人を想い出した
明日には灰になり砂に帰るよ
窓から見える桜 あの桜の下で眠りたい
暖かく包んだ 君の手の中で…
304号室 静かに運ばれてゆく中で
二度と君を忘れぬように

これから僕は桜と共に風に揺られて君を思い出す

ゆらりと ゆらりと
ゆらりと ゆらりと
6. Cage (5:35)
シビレを切らしてる 僕はマゾの血をひき サドの君を待つ
出来れば毒のbaiserで

悲嘆故に美徳見えず 君は最後のMOTHERで
記憶埋めて気付かれぬように 最初のMOTHER

時計は左回りでも 犯した罪は変えれず
最初で最後の理解者 焼き付けて

嫌がる僕を見て 強くそして優しく 無理矢理の決断
決して君には言えない

皮のキシム音が痛い 傷を深めてゆこう
嫉妬深い君は いつでも冷血なの?

幼い頃の虐待がね 今でも忘れずにいたい
何故MOTHERはいないの 教えてよ

いつかはやさしさに気付いて 聖母なる「ゆりかご」の中で

悲痛故に前が見えず 僕の最後のMOTHERで
せめて君に気付かれぬように 最初のMOTHER

時計は左回りでも 犯した罪は変えれず
最初で最後の理解者 壊した
僕には優し過ぎたのかなあ? 昔のトラウマを映し
最後の君まで壊した僕はサド?
7. 蜜と唾 (5:08)
秒刻み 打ち込んで 耳元を 舐めたなら 落とせ

ほらもっと求めて早く ソレを銜えたなら早く
ほら毒を零さず舐めて 毒を零したなら。。。。

show ・ lie ・ mad ・ sexual
1 ・ sad ・ sexually ・ 2 ・ sad ・ sexually

ほらもっと叫んで早く 瞳開いてミロ早く

12月24日また一人罠に落ちたね
Q+II の君を舐め尽したなら
薔薇薔薇にしてみようか

種を植え 取り出した 涙ぐむ 赤い口 を貸せ

ほらもっと叫んで早く 瞳開いてミロ早く
ほら見れば見る程溢れ 甘い甘い蜜を流せ

これからもずっと「お菓子」続けよう
kissless keptの頭部に
mad yet koolを今日も飲み干したならまた君を「お菓子」始め

可愛い口 可愛い胸
可愛い声 可愛い顔
可愛いアレ 可愛いソレ
ヌメヌメギトギトドロドロの
いびつなアレ 舐め尽くしなさい
そして君のソレに入れなさい
8. Mazohyst of Decadence (9:22)
生み落とされる子供 罪の意識の無い大人 落とされ
名前も無い僕 何故ここにいるのかさえ解らないけれど
たった数ヶ月の命とも知らず…

僕は愛されたい 僕は生まれたい この母体の中見つめて
僕が意識を待った時から二ヶ月目 何かが早いと感じた
まだ何も出来ない そのうちプラグが…

不完全な僕は掻き落とされた 痛みが体を突き抜ける
母の泣き叫ぶ声 耳鳴りが止まない
白衣の大人達僕を救い上げた
冷血に満ち溢れた瞳に血塗れの右手の無い僕が写る
そのまま黒いビニールに包まれた

だんだん意識が薄れる中僕は考える 静かに
Cageの僕をこのまま愛せるならそれでいい 許せず

愛されない僕はこのまま死んだ方がいい
だから産声を上げず 静かに眠りましょう
一度だけ母の愛 この手で感じてみたい
これが愛なのかもしれない ありがとう
二度と開かない扉 固く閉められていた
でもね僕はきっと未来の君だから
ラララ…

本当にこれでいいんですね
ハイ
あなたは何人目ですか
一人目です
僕は数え切れない子供を殺しています 
あなたは許せますか
……
もう一度聞きます
本当にこれでいいんですね
ハイ
用意はいいですか
ハイ
では始めましょう

体焼き尽くされ 骨が無くなるまで焼き尽くす
さよなら
9. 予感 (4:39)
上辺丈で今も 君を弄んでる
君は何も気付かず -180℃に凍る愛

無口な君に 無口な愛で 無口な不快感を
無口な僕に 無口な愛で 無口な傷跡

18人目の君 僕に気付いていない
やさしさに裏付けた 凍りついたこの愛を

静かな君に 静かな愛で 静かな快感殺し
静かな僕に 静かな愛で 静かな…

変えれない 帰れずに 無口な愛
静かに 静かに 絡めあう二人

心無口に 心静かで 心に刃向けて
心無口に 心静かで 心弄んでみても

変えれない 帰れずに 無口な愛
静かに 静かに 絡めあう二人

変えれない 帰れずに 無口な愛
静かに 静かに 絡めあう二人

「君の顔を見ても何も感じないよ
そうやってずっと騙されればいいさ
僕の昔の傷にくらべれば…」

いつからか あなたに気付いていた でも
あなたの傍にいれるだけでいいの

僕は最後に君を抱きしめた
これが最後になるとも知らずに
10. Mask (4:25)
苦痛重ねた日々 固めて有アスファルトに 「ウ メ テ」
毒の花が咲き乱れて 十字を斬り祈れば

平和主義者の白いMASK この手に取って 「コ ワ セ」
右へ習え 縛られた廢人達 「ゾ ロゾ ロ」
ムチで打たれる毎日なら 首生掴み
破壊主義者の黒いMASK この手に取って 「カ ブ レ」

Sweet life Mad life Last life Brain crash

右目 左目 右手 左手 右足 左足 「ク ビ」
骨 汗 涙 血液 呼吸 神経 脳も 「ズ タズ タ」
麻痺するまで飲まし続け ヒルを飲ませて 「 」
夢を断ち切られて生きてく独裁主義に 「ク ル エ」

羽を広げてみようアルミの羽
鬼の居ぬ間に地面に早く落ちよう
羽を広げてみよう崩れゆく夢
叶わぬ夢 地面に早く散りばめ
11. 残 -ZAN- (5:03)
唾液塗れにした 蒼冷めた体は
視界にへばりついた 歪めた残酷絵

無情にも朽ちてく 短し命舞う
最後に見た記憶 笑う君…殺め

PSYCHO 歪む廻る中
PSYCHO 残酷のまま

君がいない
君が笑う
君がいない
僕がいない

PSYCHO 歪む廻る中
PSYCHO 残酷のまま
PSYCHO PASTTRAP
PSYCHO PASTTRIP
by…DEATHTRAP

君がいない
僕がいない
君がいない
僕がいない
僕が来る
12. アクロの丘 (9:42)
あの場所で出逢ったね 今ではもう何も出来ないけれど
この街で出逢ったね 今ではもう誰も愛せないけれど
君は今あの丘で 二人で見たこの空を見つめてる
僕は今この空で 二人でいたあの丘を見つめて

枯れる花 あの頃のように もう一度だけでいい 綺麗に咲きたくて
この夜に 心も理想も 闇に溶け込む せめて今夜だけでも 君のそばで

あの場所で君と出逢い すべては始まる 今では何も出来ない
この街で君と出逢い 今では誰も愛せない 君と二人でまたあの丘へ

枯れる花 あの頃のように もう一度だけでいい 綺麗に咲きたくて
この夜に 心も理想も 闇に溶け込む せめて今夜だけでも
繋いでた指が解けて 深く沈みゆく僕 最後に見た君を
愛してた 叶わない夢 アクロの丘で待つ 君と眠りたくて 覚めない夢

過去は二度と戻れないけれど 生まれ変わり君を探すから
その時まで僕を待っていて けれど今はあの丘にはもう…
13. Gauze (Mode of Eve) (0:04)
Info / Statistics
Artists : 30,884
Albums : 109,734
Reviews : 6,975
Lyrics : 127,052
Top Rating
 Poison
Native Tongue
 rating : 80.6  votes : 10
 Lost Society
Terror Hungry
 rating : 87.5  votes : 12